伝統文化の着付け

着付けの伝統

伝統文化である着付けを楽しむには

着付けは日本で古くから伝わる伝統文化です。
着物は着衣としてだけでなく、その美しさや繊細さからアートの面からも人気があります。
特に最近ではヨーロッパなどの海外からも注目されはじめています。
そのため、趣味として始めたいと考えている女性も多くいます。
しかし、着物を持っていないことやこれまで伝統文化を学んでいないことなどがネックになり、始められない人が多いようです。
着付けの技術を身に付けるには指導を受ける必要があります。
その際には、着物はもちろん、その他にも帯や小物を揃えておかなければなりません。
これらは全て購入すると費用が多くかかることになりますが、今では貸してくれる教室も多いです。
また、借りるのではなく、自前の着物を持っておきたい人はリサイクルの着物を買うと安く手に入れることができます。
また、新品の着物を買おうと考えている場合でも、最初は借りたり、リサイクル品を購入して練習すると良いでしょう。
教室でいろんな人の着物を見て、自分の欲しいデザインや色合いが決めてから購入した方が失敗しなくて済みます。
教室の選ぶ際はそれほど慎重にならなくても大丈夫です。
着付けの方法には流派があります。
しかし、スタンダードな方法はどの流派も共通しています。
そのため、どの教室で習っても、自分で着られるぐらいの技術は身に付けることができます。

浴衣の着付け方法

花火大会など夏は浴衣を着る機会が増えます。
浴衣は一人でも着付け可能です。
まずヘアメイクを済ませて浴衣スリップを着ます。
必要に応じてウエストにタオルを巻いて補正します。
浴衣を羽織る時は、袖を通して背中の縫い目がちょうど背中の中心にあるか確認します。
衿先からおよそ20cm上を持って、裾の長さがくるぶしに来るように持ち上げます。
下前を入れて上前を重ねます。
腕を戻して下前の位置を決めたら、上前が3~4cm高くなるように左手を持っていきます。
そして上半身はダボついても構わないので、下半身に注意しながら腰紐を結んで浴衣を固定します。
脇の下にある小さな穴から手を入れて、おはしょりのシワを前後キレイに取ります。
コーリングベルトは脇の下の穴から入れて、衿の端を留めます。
背中から前に持ってきて、もう片方の衿を留めたら固定されます。
衣紋を取って背中を下に軽く引っ張ると抜き加減が分かります。
こぶし一個分がしっかり着付けするポイントです。
伊達締めを上から巻いて着付けが完成です。
帯は初心者向きの結び方に、半幅帯の一文字があります。
半幅帯の文庫結びの羽根をアレンジしたもので、短くてきりっとした後ろ姿になるため、小柄な人に似合います。

check

脱毛 大分
http://www.datsumohikaku.com/oita/
京都 レンタル着物
http://www.kyoto-kimonorental.com/
ザネラート
http://item.rakuten.co.jp/aimsgallery/c/0000000268/
四谷三丁目 賃貸
http://www.destinyhome.co.jp/
BBQレンタルなら
http://lovely-bbq.com/
横浜の不要品回収
http://www.keizuplanning.com/
千葉でペット火葬をお考えなら
http://www.i-chiba.com/

Last update:2016/7/26